国の借金は誰の借金なのか

国の借金は誰の借金なのかはよく分からない面がある。

外国に借金をしている場合はともかく、日本の中でお金が回っている場合には、借金は日本人の資産になっている。

そうすると、日本が借金をした分は、日本人が資産を増やしていることになる。そのように考えると、国の借金問題が難しいことが分かる。

日本の資産が、国の借金より増えないとすれば問題だろう。効率の悪い公共投資をして、日本の資産が増えない場合、国の借金は問題となる。

国の借金が増えても、それにより日本が豊かになれば国の借金は問題ないのではないだろうか。たとえば、国の借金により良い施設が出来た場合、その施設が生み出す富が借金分より高ければ、資産が増えたことになるように思われる。

実際には、無駄遣いで高いお金をかけて作った施設が、売却するときには二束三文になってしまうことがある。外部経済効果もあまりなければ、国の借金は問題となるだろう。

今日のアイディア
国の借金は誰の借金なのかを考え、効率の良い公共投資を心がけることにより、日本を良くする。
国の借金 | comments (0) | trackbacks (0)

日本の借金と資産

日本の借金が増えていくという話を聞くと心が暗くなってしまう。むしろ、日本国民の資産が増えていくという話にすべきであろう。

日本の中でお金が回っている場合には、日本が持っている資産を日本国民に分ければよいだろう。

何らかの方法で日本の資産を日本国民に売却することで、日本国民の資産が増えていくという話にすることが考えられるだろう。

道路の命名権などを売りに出すなど、日本の資産を作り出すことも重要だろう。

今日のアイディア
日本の借金が増えていくという話を、日本国民の資産が増えていくという話にして、日本を良くする。
国の借金 | comments (0) | trackbacks (0)

ふるさと納税と地域振興目的の納税

ふるさと納税が問題になっている。

ふるさと納税を発展させ、地域振興目的の納税というのはどうだろうか。自分の納める税金の用途を決めて、ふるさとのために使うとか、自分の好きな地域の発展の目的のために使うなどである。

ふるさとに限る理由は特にないだろう。ふるさとより、現在住んでいる地域、以前に住んでいた地域、旅行にいった地域、寂れていくのを止めたいと思っている地域等に納税したい人もいるだろう。

ただ、人気のない地域が財源不足になる危険もあり、うまくいくのかどうかには十分な研究が必要だろう。

今日のアイディア
ふるさと納税を発展させ、地域振興目的の納税とし、自分の好きな地域の発展を支えることを可能にして、日本を良くする。
地域経済 | comments (0) | trackbacks (0)

経済成長とゆとり。真の豊かさとは

経済成長が豊かさを生むことは強調されるべきだろう。しかし、同時に余暇などのゆとりも重要だろう。

ゆとり教育は批判が多いが、ゆとり経済はどうだろうか。日本は経済成長を重視しているが、ゆとりをもった経済運営の場合、国力が衰える危険がある。

しかし、ヨーロッパのようにゆとりをもった運営の長所もある。ヨーロッパの国でも、経済競争力とゆとりを両立している国もあるので、よく研究することが重要であろう。

今日のアイディア
経済成長とゆとりの関係を考え、真の豊かさとは何かという経済哲学を考えることにより、日本を良くする。
経済哲学 | comments (0) | trackbacks (0)

国の株式会社化

国の株式会社化は、国の借金を解消する方法だろう。

日本を、日本株式会社とすれば、国の借金は出資金になる。

借金ではなく、日本を良くするために投資をするという発想が重要だろう。

国の借金を減らすには、何かを売ることが考えられるだろう。

国有地を売るのも一つの考えであろう。海を売ることも考えられる。

その際に、株式を発行してもよい。

日本は多くのものを持っているので、借金を投資に変えてしまえばよいだろう。

今日のアイディア
国を株式会社化して、日本株式会社として国の借金を減らすことにより、日本を良くする。
国の借金 | comments (0) | trackbacks (0)

何かを売って国の借金を減らす

月の土地を売るという話があった。使えそうもない土地でも売れるようだ。

国の借金を減らすには、何かを売ることが考えられるだろう。

国有地を売るのも一つの考えであろう。海を売ることも考えられる。

日本は多くのものを持っているので、何かを売って借金の返済をすればよいだろう。

今日のアイディア
何かを売って国の借金を減らすことにより、日本を良くする。
国の借金 | comments (0) | trackbacks (0)

技術と経済の相互関係

経済を伸ばすには、資本、労働力、技術のどれを増やすのが効果的だろうか。従来は、資本の蓄積や労働力の増加が重視されてきたであろう。

しかし、最近では、技術の奨励が経済を伸ばすために重要になってきているのではないだろうか。

資本の蓄積や労働力の増加の効果は、今後の日本ではあまり期待できないだろう。そうなると技術により経済を伸ばすことが重要となる。

技術によって経済を伸ばすには、技術者の待遇についても考えていく必要があるだろう。技術者の待遇と経済との関係は、経済学ではあまり論じられていないことではないだろうか。

今日のアイディア
技術者の待遇と経済との関係を研究することによって、日本経済を良くする。
技術立国 | comments (0) | trackbacks (0)

環境にやさしい製品を奨励する

製品を安くするために環境に配慮をしないで製品を作ってしまうことがある。特に発展途上国で、環境を配慮しないで作られた製品は安いことが多い。

人々が環境に配慮しない安い製品を環境に配慮した高い製品に代わって購入すると需要が減ってしまうという問題点がある。

もちろん、環境へのマイナスが生じ、外部不経済が生じてしまう。これは日本ばかりか地球にも良くないだろう。

需要を伸ばすためには、環境にやさしい製品を奨励することが考えられる。

今日のアイディア
環境にやさしい製品を奨励することで、需要を伸ばし、日本経済を良くする。
需要増大 | comments (0) | trackbacks (0)

談合に代わるシステム 競争原理を超えて

テレビで談合の話があった。談合が問題になってから、入札価格が下がるようになったようだ。

競争原理の貫徹により効率化がなされるのは良いことであるが、談合に代わるシステムがなければ、過当競争になってしまう。

談合は元々違法なので、談合をやってきた会社は潰して、一旦リセットしないと日本は変わらないという意見もあるだろう。

しかし、談合は悪いことだが、価格による競争原理をやみくもに貫くのは、必ずしも日本全体の利益にはならないだろう。価格による競争原理をやみくもに貫くだけではなく、日本全体の利益を考える必要がある。

一番良いのは、税金を払った人と、工事の結果を利用する利用者が、共同で業者の仕事を評価することだろう。価格だけではなく、評価が良い業者が生き残るようにしなければならないだろう。たとえば、地元に密着して信頼ある施工をまじめにやっている業者は、単に価格だけで淘汰されてはまずいのではないか。

今日のアイディア
談合はなくすが、単に価格による競争原理を貫くだけではなく、日本全体の利益を考え、納税者と工事の結果を利用する利用者が、業者の仕事を評価することにより、日本経済を良くする。
競争原理 | comments (0) | trackbacks (0)

公務員で日本経済を良くする

公務員についての風当たりが強い。公務員が日本を良くすることに熱心であれば風当たりは弱くなるだろう。

公務員で経済を良くするためには、公務員が日本経済を良くすることに熱心でなければならない。しかし、現状では、熱心な公務員と熱心でない公務員がいる。

公務員が、日本経済を良くすることを熱心に行なわなければならないというルールを定めることにより、日本経済は良くなるだろう。

今日のアイディア
公務員が、日本経済を良くすることを熱心に行なわなければならないというルールを定めることにより、日本経済を良くする。
公務員経済 | comments (0) | trackbacks (0)